宜蘭の森林の秘境の旅

棲蘭、明池、馬告生態園区


一、棲蘭山荘

棲蘭山荘は宜蘭県大同郷に位置し、宜蘭市と羅東鎮から約38キロメートルの距離にあります。蘭陽渓、多望渓と太古爾渓が合流する場所です。園区は天然の広葉樹の森林の小泰山森林浴歩道、様々な種類の草花や樹木が植えられた庭園の歩道の鑑賞エリアに沿って企画されています。コーヒーやお茶をご提供している峡谷バーと、深い歴史的な価値を備えた前総統である蒋公行館(元の名は「棲蘭苗圃招待所」でしたが、前総統である蒋介石氏がここに居住していたため、改名されました。)園区を散歩すれば、フィトンチッドのシャワーを浴びられるだけでなく、さらに蒋公行館で蒋介石氏の生前の生活や文物、写真や史跡などをうかがい知ることができます。歴史、レジャーと旅行、自然の生態を兼ね備えた山林の美しい景色に、虫や鳥の鳴き声とそよ吹く風を伴いながら、ひっそりとした天地が観光客の方々に唯一無二の旅の経験をもたらします。

二、明池山荘

明池は一高山にある湖です。海抜1150-1700メートルの間に位置し、気候は涼しく過ごしやすい、台湾北部の有名な避暑地です。豊かな木々の景観があり、鳥類、蝶々類、リス、オシドリ、マガモなどがたびたび林の間を通り抜け、それぞれが思いもよらない驚きと喜び、そして感動をもたらしてくれます。もとの地形の特色を利用して造景された富春庭、観光客を瞑想へと導く静石園、故人である総統蒋経国氏が慈母を記念して建てられた慈孝亭、国父の生誕100周年を記念して命名された国父百歳紀念林、林間教室が設けられた蕨園、人工林がマス目のように並べられて植林された森林の童話歩道、季節の草花が植えられた明池苗圃など、林の木陰を散策すれば、心行くまで森林のフィトンチッドの洗礼をお楽しみいただけます。のんびりと快適な山野に横たわり、ほこりにまみれた心を自然へと回帰させてください。

三、神木園

神木園は全国最大のヒノキの神木園です。100株近い100年以上の時を経たタイワンベニノキと、タイワンヒノキがそびえ立つ園区では、神々が創り出した大自然の素晴らしい芸術に感動させられます。園区内の神木は、すべて歴史上の聖人や賢者の名前により命名されています。樹齢と歴史上の人物と朝廷の年代を結び付けており、絶妙な創意に満ちています。古老のヒノキ林エリアには、親切な設備が設けられています。長距離、短距離の環状の歩道と休憩施設があり、観光客の方々には1-2時間の神木園の生態の旅を開催しています。神木園は台7号線(北横公路)約75キロメートルの場所を曲がり、100線林道12キロメートル進んだ場所にあります。西に向かえば明池森林レジャーエリアが21キロメートルの距離にあり、東に向かえば棲蘭森林レジャーエリアから25キロメートルとなります。

快速
訂房