作品名:時空のインターフェイス

Interface of Time and Space

作者:阮文盟 Weng-Mong Ruan

作品の理念:鏡面のステンレススチールの広角でのビジュアル効果を用いて、その時の時空にある人、事、物と作品を結び付けました。喜ばしい指輪の造形で、美感と人と文化、生活、宜蘭での集いを結び付けています。

作品名:雲を照らす光

Cloud with light

作者:游文富 Wen-Fu Yu

作品の理念:かつてあった日本式の温泉の真髄、また温泉の場内に満ちて漂う霧と雲をテーマとしています。暖かで開放的な心は、まるで雲間を散歩しているようです。このため雲のごとく、夢のごとく、また心をオーガニックな自然の媒体である羽毛で飛ばし、竹の枝により創作することにより、無垢の日本式建築の構造と究極の養生と静謐さを密接に結びつけています。

作品:牛とともに楽しむ

Having Fun with Cattle

作者:王秀杞 Hsiu-Chi Wang

創作理念:この作品の造形は、1頭の台湾水牛が地面に座り込み、背には1羽の鳥がとまっています。水牛は初期の農村での労働に欠かせない労働力でした。静かに伏した水牛は、農村でよくみられる景色であり、農村でのスローライフの歩調を感じさせます。:この銅製の彫像作品の牛の背中を、アーティストは1つのプラットフォームとしてみなし、座椅子の機能も兼ねています。ご宿泊の方々を座らせることができ、花園のパフォーマンス用舞台の鄰に配置する予定です。近距離でご鑑賞いただけるほか、気の向くままにその上に座って、園林の景色をご鑑賞いただくことができます。

作品:父と子

Father & Son

作者:陳尚平 Shan-Ping Chen

創作の理念:作品「父と子」は、現代彫像の空間性と鑑賞者との間に興味を生み出すために、階段の踊り場に立っています。一方で空間に人と文化の躍動感を得られ、もう一方で主旨と鑑賞者に一種の視覚的、触覚的に形成される経験と対話を生み出します。

作品:員山に住む鹿

作者:陳凱智

創作の理念:作品名は「鹿住員山(員山に住む鹿)」は同音異語である「入住員山(員山に住む)」から取られています。創作の概念とイメージのために、今回の創作は鹿をメインビジュアルとして表現しています。台湾の梅花鹿は、かつて台湾各地の平原や丘陵で勢いよく飛び跳ねていました。しかし現在は、考古学の研究糸歴史的文献でのみ、彼らがかつて普遍的に台湾各地で生活し、台湾に住む先住民と一緒に生活していたのを知ることができます。作品の主体は木彫りの彫刻の方式で、台湾梅花鹿のビジュアルイメージを表現しています。ベース部分は研磨したステンレススチールで、地図の上での員山地区の輪郭を表現しています。一方で研磨したベース部分はメインテーマを照らし、まるで湖のように周囲の景色を映し出しています。

表面の図案のコンセプトは、宜蘭員山地区の人と文化の歴史と自然の両方向から切り込んでいます。人と文化の歴史部分は、台湾梅花鹿、員山への観光旅行を人と文化の歴史の記憶とリンクさせています。もう一方では、員山の自然の景色、山河、森林、員山温泉、埤塘(池)を員山のイメージとリンクさせ、図案を記憶する方式で鹿の表面上に彫刻で描き出し、木版画を彫刻する概念により、表面上に宜蘭員山とリンクするトーテムのラインを彫り出して、過去と現在を表現しています。

快速
訂房